リサイクルショップはどうやって始めたらいい?

MENU

リサイクルショップはどうやって始めたらいい?

では、具体的にどのようにお店を開くのでしょうか。
インターネットは必須アイテムです。
まず、不用品を集めましょう。
多くは買い取ることになると思われます。
買い取った品をインタネットで紹介し、売れるのを待ちます。
簡単に言うとそれだけです。
買って、売る。
その繰り返しです。
ネットのショップ経営は、月々のネットのプロバイダー料などは別ですが、基本的に店舗型のように最低10万以上の家賃がいるわけではありません。
バイトを雇うこともなく、1人でも作業は十分可能です。
なので今まで市井のリサイクルショップも、最近はネットで販売する無店舗型に変更する傾向があります。
インターネットには強力な販売力があります。
また、ウェブメールやステップメールなどを利用すれば、顧客にその都度時間と手間をかけて対応しなくて良くなります。
価値のある古物が手に入れば、高い利益率を上げることもできますので、ネットショップとリサイクルショップのメリットを組み合わせたビジネス、と言えるでしょう。
よっぽどの問題がない限り、「今すぐ来い!」と顧客や上司に呼び出されることもありませんので、ご自身のペースで運営でき、生活や本業に支障をきたすことはありません。
副業を禁止している職業の方でも、内緒で副収入を得ることができます。

これは匿名性の高いインターネットならではのメリットです。
また、いつか本格的に販売の事業を始めたい、という方の練習にもなります。
開業資金ですが、副収入を得たいと考えるぐらいですから、まとまったお金のない方がほとんどです。
実際に売り上げが上がるまで、コツコツ地味に稼ぐとして、開業資金は10万円かかりません。
最低限必要なパソコン、電話、デジカメなどは既に持っている方も多いと思われますので、新たにかかる費用として、約3万円が古物商の許可申請にかかります。
また、チラシの印刷代に約1万円で、その他備品など2万円程度が必要最小限の開業資金です。
申請許可に使う3万円以外では、もちろん知り合いに頼んだり自分で印刷するなど、節約は十分に可能です。
開業までの時間ですが、古物商の許可申請が通るまでに、大体2ヶ月くらいは見ておいた方が良いでしょう。
今日からすぐに始める、というわけにはいきません。
気軽にネットで始められる、とは言ってもビジネスであることにはかわりはありませんから、確実な利益を生み出すためにも、ビジネスプランは自分なりにちゃんと事前に考えておきましょう。
チラシを効果的にデザインしたり、どんなものが売れ筋商品か、という調査も必要です。
趣味の範囲を超えていますので、自分の好きなものだけを買い取る、というのでは安定した利益は望めません。

関連ページ

リサイクルショップの経営について
リサイクルショップを副業として経営してみませんか?最近、個人での通販型のリサイクルショップは増えてきています。まずはリサイクルショップがどんなものか知り、実際に経営する方法を学びましょう。
リサイクルショップのメリットとは?
リサイクルショップを副業として経営してみませんか?最近、個人での通販型のリサイクルショップは増えてきています。まずはリサイクルショップがどんなものか知り、実際に経営する方法を学びましょう。
リサイクルショップの運営と軽費
リサイクルショップを副業として経営してみませんか?最近、個人での通販型のリサイクルショップは増えてきています。まずはリサイクルショップがどんなものか知り、実際に経営する方法を学びましょう。
リサイクルショップの経営にあったらいいアイテム
リサイクルショップを副業として経営してみませんか?最近、個人での通販型のリサイクルショップは増えてきています。まずはリサイクルショップがどんなものか知り、実際に経営する方法を学びましょう。